2010年11月27日

改装の連続④

 待合室の改装が始まった頃、受付周辺を眺めていて、以前から気になっていた受付と裏の技巧室とを仕切っている保管庫の上の空間を埋めて個室感覚にすることと木枠の窓を替えたくなりました
 工務店の方と相談し、その空間に壁を作ること、木枠の窓はアルミサッシに変更することを決めました。
 特に見積もりはなく、「それ、やって」で決定としました。

 行き来する空間には、カーテン風の布を垂らすことにして、妻と柄選びに初めてそういうお店に行きました。柄が多すぎて私は選べず、結局妻の意見を尊重しました。
 カーテン加工は、うまく妻がしてくれました。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 10:30