2011年01月27日

加古川名物かつめしのルーツとその後②

 その後それぞれとして、
「いろは食堂」は、加古川駅前通りと寺家町商店街の交差点に一大食堂ビルが出来て、長らく大繁盛を続けられました。その後惜しまれながら昭和57年閉店し、貸しビル業に転じられました。

 一角久雄氏の孫にあたる一角辰宏さんが、平成7年に平野に「パラーディオ」というかつめし専門店を開いて、初代からの味を復活させています。

 「一勝」は昭和30年ごろ加古川駅前(どこ?)で開店し、平成??年現在の木村に移転し50年以上の味を守り続けています。
  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 10:01