2011年02月28日

禁煙フォーラム

 昨日、加古川プラザホテルにて午後1時より第5回禁煙フォーラムが開催されました。

 主催は加古川・高砂医師会です。

 歯科医師会は共催という形で、様々な協力団体の1つとして展示コーナーを担当しました。

 私の担当する医療管理委員会がそのお世話をすることになっており、11時集合しました。

 会場にはおよそ300名くらいが集まり盛況でした。

 メイン講師は、京都府立医科大学の繁田正子講師で、印象的な内容をピックアップします。

 ①世界中でタバコを魅力的にコマーシャルする国は数少なく、日本はその1つ。
 ②それは、国営の専売公社の流れがあり、健康被害より財源としての位置づけが強い。
 ③日本は世界の中で最もタバコを輸入している。先進国で自販機があるのは、日本とドイツだけ。
 ④もっとも輸出しているのは、ドイツとアメリカ。
 ⑤タバコが変化しないのは、防腐剤、乾燥剤、漂白剤がふんだんに使われているからだ。
 ⑥不完全燃焼したCOを体に入れて、酸欠状態になって良いわけがない。
 ⑦タバコを吸う人は死因に少なからずその影響がある。
 ⑧タバコを1本吸うと、5分30秒寿命が短くなると言われている。
 ⑨双子の女性で吸うものと、吸わないものの顔貌の比較で、明らかに差がある。
 ⑩受動喫煙の影響は7mに及ぶ。
 ⑪一日30本数場合、1か月で18000円 1年で約220000円かかる。10年では220万円

 今まで、2度の禁煙チャレンジに失敗した私にとって、厳しい会でした。

 地元の会長と、担当理事さんが「先生はしっかり聞いとかなあかんよ」とお声がけ頂き、
過去に、友人が「はよ、死にたないもん」の言葉、大先輩で脳梗塞を起こされた方が「これは、あかん」
の言葉がよみがえってきました。

 講師が使われた「卒煙しませんか」の言葉が、妙に響く言葉で、

 明日の、長女のめでたい高校卒業式を契機に、

 私は、タバコから、卒業、しようと思います。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 12:19

2011年02月25日

てきあつ君の取材

 昨日のお昼に、メイドインかこがわ応援委員会の担当の方により、てきあつ君の取材を受けました。

 この委員会は、加古川として自慢できるモノ、誇りの持てる技や取り組みや味を対象として、市内外に広く発信していくことを目的としているそうです。

 約60件が該当するようで、その1つに選ばれました。

 今後は、メイドイン加古川のHPの作成
     フォーラムの実施
     紹介展示、展示即売会の実施
     製品や技術を紹介した冊子の制作 などが行われるようです。

 フリーペーパー「リビングプラス」3月12日号にこの特集記事が掲載され、 

 3月19,20,21日にニッケパークタウンにて、フォーラム、紹介展示、展示即売会が行われます。

 ありがたいことです。


   


Posted by 中原歯科医院 院長 at 11:51

2011年02月23日

祝 長女の大学受験

 親ばかと友人知人がブログを見ているというので、書きます。

 立命館大学薬学部、京都薬科大学に合格し、昨日、東京理科大学薬学部合格

 先ほど、慶応大学薬学部 合格しました。

 娘の努力と健闘を褒めます。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 11:01

2011年02月21日

かつめしの追加確認取材

 今週末に行われる加古川検定のための第4回目かこがわ学講座で、「かこ・スタ編集秘話、加古川の裏事情」で約15分間「かつめしの歴史」を担当します。
 そのために昨日、確認取材をしてきたものを前回の補足として、記載します。

 元祖「いろは食堂」の場所は、加古川駅前商店街と寺家町商店街が交差する角の東北(現在いろはーずが
かつめし専門店を開業中)の北2件隣り。ここが、ニューいろはビルなのでここでしょう。現在は笑笑が入店しています。
 
 元祖「一勝」の創業場所は、やまとやしき西側の以前はマクドナルドがあった(現在は鳥貴族)角を西に入り、現在外国人パブのお店の西隣で現在コインパーキングになっている場所にありました。その西隣は旧十倉貸衣装店です。今の木村に移転したのは、昭和62年です。

 八重食堂が閉店したのは、平成12年3月です。一勝の永田与一さんが八重食堂に勤めていたという話は、事実で、たぶんいろは食堂が開店する昭和25年以前に勤められおり、その後「いろは食堂」に
変られています。八重峯子さんに直接伺いましたので間違いないでしょう。

 ラッキー食堂のかつめしのレシピは、中田氏のオリジナルです。「やっこ食堂」のころから仕込みをされていたようです。

 ニシカワ食品の「かつめしのたれ」はやまとやしき地下食品売り場で、3人分1パック約400円で売られていました。その横には「オタフク」という会社のたれもありました。

 以上が追加取材分のポイントでした。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 19:49

2011年02月18日

実印作成の注文

 実印を新しくしようと決めて、いろいろネットで調べていました。
70%オフとして安くできる店やら、総理大臣の印鑑をつくったとか、いっぱいありました。

 持っている直径25ミリの印鑑は、新規購入なら11万円~20万円もすることもわかりました。

 ただ、持込みで刻印してもらう料金を記載しているHPはほとんどなく、印鑑リフォームというサイトには
18000円くらいと書いてあり、昔の見積もりの7.8万円はしないと安心しました。

 結局、開運になりそうなコンセプトを持ってつくってくれそうなところを探したところ、

 創業115年4代目 小林照明 「小林大伸堂」を見つけ、九星気学と八方位、生年月日、姓名判断、画数を調べたうえで最適な印像を考えて作ってくれるというものに惹かれました。福井県のお店です。

 ネット通販は10年位前からしているようで「はんこねっと」というサイトです。

 ただし、そこで持込みの刻印をしていただけるか、料金はどれくらいか分からないので、メールで
問い合わせてみました。

 その日のうちに回答があり、25ミリでは15000円でした。

 良心的だと感じ、即注文しようと考えていた時、ちょっと気になっていた25ミリという大きさを市役所のHPで確認したら、「1辺が25ミリの正方形の枠に入る大きさ」と規定されており、電話で確認すると25ミリ
未満でないといけないことが分かりました。

 あぶないあぶない。

 この25ミリの直系を23~24ミリに加工してもらえそうな会社は見つけられません。
 いっそのこと売却して、新規に注文するもの一考と、その象牙1本を売ればいくらになるか見積もりを取ったら、「程度の良いもので1本1000円から3000円」と回答があり、愕然としました。
 
 それはないやろ。

 こうなれば、小林大伸堂にお願いしてスリム加工を含めていくらになるか、お願いかたがた再見積もりを取るしかないと、再度メールをしたところ、

 回答があって、スリム加工含めて25ミリは1本2万円と回答がありました。

 良かった。良かった。何とかなる。

 そういうことで、25ミリ2本。18ミリ1本をオーダーすることに決めました。!!  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 11:16

2011年02月17日

当医院のBGM

 長い間、有線放送でBGMを流していました。

 いろいろチャンネルはあるけれど、イージーリスニング局など一度選んでしまえばずーっとそのままで、
月に4,5千円を払っていました。

 昨年、娘のipodをみて、「それに何曲はいるの?」と聞くと「1000曲くらい」と回答したので、
それをつないでかけると、好きな曲ばかりで、経済的と判断し、変更しました。

 初めは、ヒーリング効果のある曲を集めてとも考えましたが、50歳になった私が元気になるように、
10~30代に好きだったアルバムをそろえました。

 たとえば、ロッキー、サタデーナイトフィーバー、ビートルズ、カーペンターズ、アバ、シャカタク、
マイケルジャクソン、スティービーワンダーなどです。

 お年寄りにはうるさい曲かもしれませんが、小さくしてますのでお許しを。

 「ロッキーのテーマ」と「ステインアライブ」は何度来てもいいですね。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 11:24

2011年02月16日

実印

 昨夜、業界の人たちが集まって会の法人設立のために実印を連判する機会がありました。

 決して保証人のハンコを押したのではありません。

 他の方々の実印は立派な物ばかりでほとんど象牙、ケースもそれらしいものばかりでした。

 それに引き替え、私のは近所のはんこ屋さんで3000円ほどで買ったもので、特に新しくしないといけないと思わなかったので、そのままでした。

 とある先生から「これ、実印か、認め印とちゃうん」と言われ、みんなで大笑いでした。

 帰宅後、「以前中国で買った象牙の未加工のハンコを出して」と妻に言い、今朝久しぶりに見ました。

 特大直径25ミリ6センチが2本、18ミリ6センチが1本残っていました。それ以外はすでに妻と長女と次女の印鑑に加工されていました。

 以前、25ミリのを彫刻するのに7,8万と言われて見送っていましたが、今回は、
 どこか安くて運が良くなる印鑑を作ってくれるところを探して、
 長男の実印と銀行印とあわせて3本作ります!  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 18:20

2011年02月15日

バレンタイン

 先日見たテレビでバレンタインデーが平日と休日では売り上げがかなり違うらしい。

 平日では職場の義理チョコが必要だが、休日になっていると省略されることがあるからだという。

 今年は、スタッフ一同からチョコ一箱。家族から赤ワイン1本の義理バージョン。
 それと、意外に70歳ごろの患者さんから一箱頂きました。

 それと、姫路の患者さんから14日に届いた和歌山のおいしいミカン一箱はその意味なのかな。

 ありがとうございました。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 18:03

2011年02月12日

長女の大学受験

 本日只今、長女が東京で第一志望校の受験中です。
 
 京都の第4、第3志望校は合格、東京の第2志望校は8割5分できて手ごたえ十分。
 
 なんとか実力通りの発揮で行けるはずなのですが、本人の心の強さ次第です。

 私は、仏壇に手を合わせるしか出来ません。

 頑張れ!  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 12:28

2011年02月08日

カルテ②

 近所にある行政機関に勤める夫人は5年ほど前からの当医院の患者さんでした。
1年ほど前に定年退職となり約25Km離れた実家から通っておられます。
 先月そのご主人が初めて来院され、前歯のブリッジがぐらぐらで奥の入れ歯も合わず何とかしてほしいということでした。
 診てみると、その4本ブリッジは2本が既に抜けた状態で、残りの1本でもっている状態、歯型を取るだけでそのまま抜けてしまいそうな感じでした。ご職業は行政機関幹部。職場はうちから約70kmでした。
 入れ歯はいくら急いで作っても10日はかかります。
 歯が抜けてしまうと10日間はどうにもなりません。

 思案して、歯型を取るときに前歯には材料が裏面しかかからないように調整して、両側の奥の歯肉はしっかり型どりできるようにして行いました。外す時も慎重に行い上手く歯が抜けずに歯型が外れました。
 その後、「歯の自然脱落が早いか、完成が早いかですね」とした上で、仕事を進め、本日
めでたく、抜歯して総入れ歯を入れました。

 かみ合わせが狂っていると取り返しがつかないのですが、うまくいってほっとしています。

 「歯を抜いてから入れ歯を作ると、その間どうなるの?」と心配しておられる方には朗報のお話でした。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 19:31

2011年02月04日

インフルエンザと風邪の違い

 最近インフルエンザが猛威をふるっています。
風邪との違いを書いてみます。


       インフルエンザ       かぜ

初発症状    発熱、悪寒、頭痛     鼻咽頭の乾燥感およびくしゃみ
主な症状    発熱、筋痛、関節痛    鼻汁、鼻閉
悪寒      高度           軽度、きわめて短期
熱       38~40℃         ないか、もしくは微熱
倦怠感     高度           ほとんどない
鼻汁、鼻閉   後期より著しい      初期より著しい
病原    インフルエンザウイルスA,B ライノウイルス
                    アデノウイルス
                    コロナウイルス
                    RSウイルス
                    パラインフルエンザウイルス
                    インフルエンザウイルスC
迅速診断法   あり           一部のウイルスで『あり』



  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 18:39

2011年02月02日

当医院の特別メンテナンス

 講習会の話のついでに。
 
 昨年秋に、「予防システム完全構築セミナー」というまとまったセミナーがありましたので受講してきました。そこで、当医院の術式はハイレベルの内容であることが確認でき、1時間で1万円に相当する内容と言われました。(うちは予約1時間、実施約50分で、断然安い値段です)

 そのセミナーの予防システムのオプションとして何点か術式があり、その中で、「フッ素塗布」がありました。
 今更という内容ですが、最近フッ素の効用が大きく見直されています。これまでも歯面清掃のクリームにはフッ素含有の高いものを使っておりますが、すべての処置の後、2%高濃度のフッ素を塗布する処置です。
 歯に対しては、フルオロアパタイトの生成、結晶性の向上、再石灰化の促進により歯質強化・耐酸性向上を図ります。口腔内に対しては、最近・酵素作用の抑制により酸産生の低下を図ります。すべて齲蝕を防ぐ作用となります。これによりエナメル質ばかりでなく歯肉退縮により露出し根面齲蝕になりやすいセメント質の歯質強化が図れます。

 以上のことからその後、メインテナンスの最後に高濃度フッ素塗布をさせていただいています。
  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 18:40

2011年02月01日

歯科医院でしわ取りが出来る?

 昨年の秋、歯科分野におけるフィラー注入療法のセミナーがあり、全く未知の分野だったので
名古屋まで行ってそのセミナーに参加してきました。

 美容クリニックで人気治療のひとつのヒアルロン酸を使用したしわ伸ばし治療です。

 ヒアルロン酸は体に為害作用がなく安全で2年ほどは状態を保ちながら吸収されていくものです。

 これをしわの深い部分に注射器を使って注入していき平らにすることによってしわをなくします。

 歯科医師は日頃から注射は慣れていますから手技は難しくありません。

 では、歯科で適用される症例とは何かというと、かみ合わせが深くなって、口の周りのしわ(豊齢線)が深くなったところを審美的に治すというものです。

 そのニーズがどれほどあるのかという点と、たぶん、「ついでに目じりや額のしわもしてほしい」ということになりそうで、それは、適用範囲外となり、歯科では違反行為となります。

 ヨーロッパから材料を少々仕入れていますが、身内用になりそうです。

 妻は「早く私にして」と言いますが、なかなかその気になれない私です。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 10:27