2011年06月20日

カルテ⑥神経がないのにしみる?

 昔からの患者さんが、「下の前歯が冷たいものでしみて痛い」ということで来院。

 レントゲンを撮ってみると、真ん中の1本の歯だけが神経があるので、

 簡単な診断で、神経を取る処置を行いました。

 次のアポイントで、具合を伺うと、

 「まだ、しみて痛い」とのこと。

 私は、絶句。「はぁ???」「そんなことはありえない」

 薬を替えて、様子を見ましたが、次のアポイントでも同じ状態。

 まさかと思って、その歯を大きく削って、詳しく診ると、

 初めのと同じくらいの太さの神経がもう1本ありました。

 この歯は、普通は1本の神経なのですが、冷水痛を感じるくらいの2本目の神経があるなんて、

 20年やっても、経験しなかった治療となりました。

 
 2本目の神経を取って痛みはなくなりました。 ちゃんちゃん。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 17:10