2011年09月22日

世界同時株安か?

 「昨晩のNYダウがFOMCの結果発表を受けて283ドルの大幅安、為替が
1ユーロ=103円台の円高に振れたことも重石となり、朝方から自動車や電
機などグローバルな景気敏感株中心に売りが先行。昼からも欧州財務問題への
懸念、加えて中国の9月の製造業購買担当者景気指数(速報値)が8月より悪
化したことで世界景気の減速懸念が意識され、香港・上海・韓国・台湾などア
ジア主要市場が軒並み大幅安。」

 ギリシャは、財政支援を受けるために、IMFとの協議で公務員削減を約束するが、近々、デモが行われる様子。

 アメリカも長期金利を下げることくらいで、新たな対策が打てず。とある州では、支払いをドルを止めて、金貨で取引しているとか。

 ドイツは、メンケル首相があれこれ言っても、議会は反対勢力が優勢で身動きが取れず。

 イギリスはあまり話題には出ないが、ここも財政危機に瀕している。

 日本は、1000兆円の借金があり、国の資産が800兆円あるとか、108兆円しかないとかよく分かりません。
復興のために、増税するのか、しないのかも議論噴出。
 賢くて勤勉な日本国民の金融資産は800兆円ありますが、いつか踏み倒されるのでしょうかね。
 自国だけで処理出来る日本だから、世界で一番値打ちのある「円」なのでしょう。

 いつか、郵貯の株式を外国に乗っ取られて、預金を踏み倒されるのでしょうか。
 それとも、日本国債の暴落を仕掛けられて、金利が暴騰し、金融危機を招き、一気にデフォルトにさせられるのでしょうか。

 くわばらくわばらですね。

 新たな借金はできるだけ控えて、借りるなら固定金利で。

 今ある借金は、節約で早く返してしまいましょう。

 これから始めるのはいかがとは思いますが、ベア型の投資をしていないと、

 とんでもないことになるかもしれませんね。

  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 18:05