2012年02月29日

カルテ⑬訪問診療

 昨日、往診先の患者さんに下の総入れ歯を装着しました。

 先に作った上の入れ歯は良く止まっているようで、その下のセットです。

 かみ合わせの時に下が痛いと言われたので、

 下の入れ歯は、クッション材付きの入れ歯として完成させました。

 装着してみるとうまくかみ合わせがあっており、

 ご本人はにっこり微笑まれました。


 往診していて一番うれしい瞬間です。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 07:32

2012年02月28日

入浴時間

 昨日、次女がテニススクールから帰ってきたのが、10時で即入浴しました。

 私はテレビを見ながら次の息子の次と待っていました。

 11時にすぎになっても上がってこないので、「はよ上がれ」と怒鳴り、

 11時25分に上がってきた娘に激怒しました。

 なんぼなんでも長すぎるやろ。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 17:09

2012年02月27日

六甲山人工スキー場

 長男との約束で、この土曜日に六甲山人工スキー場へ行ってきました。

 最近まだまだ寒いのと、息子はスノーボードをやるので、土日は16時からのナイターでしかできないのとで、安全策を取って、三宮から出ている直行バスを利用して行ってきました。

 三宮からちょうど40分で到着し、いろいろレンタルして、私は、久しぶりのスキーをしました。

 下半身の筋肉の低下から、板がそろわず、ボーゲンからシュテムばかりで、後半ようやく膝の使い方がましになってきて、板がちょっと揃いました。

 ここは、当然距離がないのであっという間に終わります。

 息子のスノボの滑りを見ながら、過ごしました。

 スノボは一度挑戦しましたが、全くセンスなく、こけまくりで、尾てい骨は痛くなるし、骨でも折ったら
困るので、あっさり止めました。

 スキー遊びはそろそろ年齢、筋力の関係で終わりかな。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 18:23

2012年02月24日

ジャガイモに芽が

 先日植えていたジャガイモが

 最近の雨と、春めいてきたことから、

 新芽が出始めました。

 楽しみですね。

 畑半分 メークインと男爵のジャガイモ畑です。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 12:27

2012年02月23日

「世界を変えた10冊の本」⑩「資本主義と自由」

 アメリカ人のミルトン・フリードマンは16歳で大学に入学しシカゴ大学教授となり、1956年に「資本主義と自由」を発表しました。ノーベル経済学賞を受賞しています。

 これは、新自由主義者にとってはバイブルのような存在で、世界経済は大きく変わりました。
この思想は「リバタリアニズム(自由至上主義)」「シカゴ学派」を呼ばれ、その思想を持った人が
「リバタリアン」です。

 「人に迷惑をかけない限り、大人が好きなことができる社会」

 「政府を信じず、民間企業の活力に絶大な信頼を置く」

 「政府の仕事は個人の自由を国外の敵や同国民による侵害から守ることに限るべきだ」

 などの考えから、歴代の共和党大統領の知恵袋、論客としても知られています。

 小さな政府を目指し、所得税の最高税率の引き下げを提唱、

 基本原則  Ⅰ政府の役割に制限を設けること
       Ⅱ政府の権力は分散されなければならない

 経済政策は、何よりも通貨供給量にルールを導入し、金融当局の裁量権を制限することが大切である。

 ケインズが、政府の役割である財政政策に重きを置いたのに対して、
 フリードマンは、中央銀行の役割である金融政策を重視しています。


 今の世界経済は、ケインズ対フリードマンの政策論争の上にあるのです。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 07:27

2012年02月22日

「世界を変えた10冊の本」⑨「雇用利子および貨幣の一般理論」

 今日は特に「2」多い日ですね。 

 イギリス人、ジョン・メイナード・ケインズが1936年に発表し、ケインズショックとも言われる、世界の経済学者に衝撃的な影響を与えた本が、「雇用、利子および貨幣の一般理論」です。

 以前の経済は企業の自由競争社会で、1929年の世界恐慌をはじめ深刻な経済不況が起こっていました。
 各国政府は景気が悪化すると、均衡財政政策を取り支出を減らしたり、賃金の切り下げに踏みきっていたために悪循環を繰り返していました。

 ケインズの考えは、「今の経済は、完全な雇用を与えることが出来ず、富と所得の分配が恣意的で不公平である。このまま放置しておくと失業を多数生み出したり、不況を深刻化させたりするので、政府による積極的な財政政策が必要だ」というものでした。
 今ではあたりまえに思える考えですが、当時では画期的なことで、多数の「ケイジアン」を生み出しました。

 「非自発的失業」「乗数効果」「消費性向」「累進課税」「流動性選好」「美人コンテスト」「流動性の罠」「自動安定化装置」「ハーベイロードの前提条件」などの言葉を生み出しました。

 ケインズ理論によって、景気の周期によっておこる不況が深刻にならずに済むようになりました。
 
 ただし、この理論では、恒常的な物価上昇と賃金引下げが行われ、インフレ傾向が根付くこと。

 不況で財政支出を拡大した後、景気が回復しても、政府は財政支出を減らさないために、また、乗数効果の低下を招き、恒常的な財政赤字に悩まされるようになってしまうのです。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 12:22

2012年02月21日

カルテ⑫訪問診療

 最近訪問診療で作成している上下の総義歯

 普段寝たきりの状態で、今まで使っている入れ歯が外れやすいので新しいものを作って欲しいということで、新調し始めました。

 寝た状態で、苦労しながら、型を取って、かみ合わせを取り、新調しました。

 お口に装着して具合を見ると、しばらくすると、ぽろっと外れてきます。

 「あちゃー」という感じで、上下の総入れ歯は、そのまま持ち帰りました。

 全身状態の悪い患者さんの入れ歯は、難しいと改めて感じました。

 こうなると、まず上の義歯が安定するようにあれやこれやと行うか、初めからやり直すしかありません。


 それ以来、上下の総入れ歯は、まず、上を作って安定を確かめてから、下を作るようになりました。

 寝たきりに近い方の総入れ歯は、慎重、慎重にです。

 口の周りの筋肉の動きが弱いので、小さめがコツかな。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 18:07

2012年02月20日

かきおこ

 以前より食べてみたかった、日生のカキ入りお好み焼き

 小一時間掛かって現地に到着。

 お店が点在しているので、何処のお店に行けば良いのかよく分からず、

 雑誌に出ていたお店に行ってみると、20数人路地に並んでいました。

 妻は並びたそうでしたが、路地で1時間以上待つことになりそうなので、

 私と子供はすいているところへ行こうとごねました。

 すぐ入れるところを探して食べましたが、結構いい味でした。

 並びたかった人は、カキがもっといっぱい入っているはずとかで、ぶつぶつ。

 私たちの食べたかきおこは800円で、イメージのものは900円なのでしょう。

 大阪や神戸ナンバーの車が多く、適度なドライブコースなのでしょう。

 満員の市場で、出来立てのカキフライをたくさん買って帰りました。

 お勧めですが、時間に余裕がある時に行ってくださいね。

 私の提案は、8~900円のお好み焼きが200円ほど高くなっても良いので、予約制にして欲しいです。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 10:29

2012年02月17日

ジャガイモ

 1月末に、大根、ホウレンソウ、ハクサイ、キャベツをすべて収穫し、

 今残っているのは、ニンニク、ブロッコリーだけとなりました。

 実った野菜は、気前よくスタッフにいっぱいあげたので、みんな喜んでいるようです。

 次にみんなが期待しているのは、昨日少々植え始めた、ジャガイモです。

 とりあえず、メークインを25片ほど植え付けました。

 
 肥料の入れ方が、すこし上手くなっています。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 11:12

2012年02月16日

表彰

 本日、午後より播磨地区学校歯科医会の大会で、

 校医歴20年を記念して、表彰状を頂きました。

 大会には大勢の関係者が来ておられ、少し恥ずかしい気分でしたが、

 壇上で表彰状と記念品を頂きました。

 
 ありがとうございます。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 17:59

2012年02月15日

「世界を変えた10冊の本」⑧ 「種の起源」

 1835年イギリスの博物学者チャールズ・ダーウィンは、ガラパゴス島にたどり着き、そこで見聞したことから、「種の起源」を書きました。

 彼は、父は裕福な開業医、母は有名な製糖会社ウェッジウッドの創業者の娘との間に1809年産まれました。

 ガラパゴス島にたどり着いた航海の体験を「ビーグル号航海記」として記し、その後1859年に「進化論」を訴えた「種の起源」を上梓します。

 旧約聖書によれば神は6日間で世界を創造し、あらゆる生き物を創造し、自らの姿に似せて人間も創りだしました。もし、それが真実ならば、多様な生き物はすべて、創りだされた当時のままの姿のはずです。ダーウィンは様々な生き物を注意深く観察すると、少しずつ変化することで、多様な種が産まれたのではないかと考え、「地球上の生き物は、神が創造したものではなく、自然界で「進化」したと宣言しました。

 これは、多くの学者から絶賛、支持されましたが、反面宗教会からは批判を浴びせられ、論争になったのです。

 キリスト教徒の中には、全く受け入れない者や、「インテリジェント・デザイン」という神の設計によって生き物は進化しているという理論で受け入れる者などがいます。

 また、ダーウィンは「選り抜かれた個体は、質の劣る個体よりもたくさんの子孫を残ることになるはずである」という考えを示しました。
 また、闘争に勝てなければ「自然淘汰」されてしまうとも言っています。

 この考えが、マルクスの「資本論」にも影響を与え、激しい生存競争の中で生き抜いていく姿はまさに資本主義経済の企業を彷彿とさせたようです。
 また、弱い立場の者への社会福祉を否定することにつながりました。
白人たちがアジアやアフリカで先住民を支配することを正論化する理論にもなりました。

 自由放任主義・弱肉強食の社会への根拠になって行ったのでした。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 07:22

2012年02月14日

バレンタインデー

 今日はバレンタインデーですね。

 ここ長年、家族からとスタッフからの義理チョコ2個が定番です。

 私が診療している間に一つチョコが届いていました。

 誰からか見てみると、現在勧誘されている生命保険の担当者からのものでした。

 学生時代や独身時代の楽しみ方はもう終わっていますね。

 今夜は一人での外食だけは止めておきます。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 19:17

2012年02月13日

重力と咬合セミナー

 昨年末にエントリーしていた、重力と咬合セミナーに行ってきました。

 大阪で初めて開催され、丸2日間のボリュームのあるものでした。

 初めて参加した歯科医師は5人ほどで、総勢15名程でした。

 以前から疑問に思っていたことを積極的に取り入れられ、驚くことばかりでした。

 また、まだまだ解明されていないことも多々ありますが、知っていることの、実践することの
重要性を感じました。

 そして、それを実践している歯科医院は皆無と言っていい現状です。

 簡単に言うと、ブリッジや入れ歯など大きな補綴物を作製する時のかみ合わせ診断の時に、果たして「はい、噛んでください」で良いのかということです。もちろん私は権威的な歯科学者の術式を知っていますし、必要に応じて行っています。

 しかし、

 足が悪い、腰が痛い、腰が曲がっている、肩がこっている、首が曲がっている、背中が曲がっているなど身体的に異常がある方には、それを補正して、頭部のバランスを取ってから、かみ合わせをしなくてはならないのではないか。ということなのです。

 言わば、全身咬合です。

 しばらくセミナーの内容を整理して、研究的に実施していこうと思います。もろろん、可逆的なやり方で行っていきます。

 「テキアツ君」に続いて、「中原メソッド」を開発したいですね。

   


Posted by 中原歯科医院 院長 at 12:33

2012年02月10日

「世界を変えた10冊の本」⑦ 「沈黙の春」

 レイチェル・カーソンが、環境問題に警鐘をいち早く鳴らした本が、「沈黙の春」です。
 
 戦前の殺虫剤は植物などを利用した無機物でしたが、戦後のものは合成殺虫剤になりました。

 1907年アメリカのペンシルベニア州の農場経営者の娘として生まれ、大学卒業後、大学院で動物学を学び、政府の漁業局に就職しながら論文を書いていました。
 1958年、友人が持つ土地にノーベル受賞の対象になった殺虫剤DDPを空中散布したところ、多数の野鳥が死んだことをきっかけに、アメリカの雑誌に「沈黙の春」を連載し、その単行本がベストセラーになりまし
た。

 当時のアメリカ大統領ケネディも注目し、調査に乗り出しました。

 農薬関係業界から、きびしい反論、中傷を受けましたが、次第に世論が味方をしていったのでした。

 現在の、様々な化学物質、放射能などの危険を示した先駆的書物なのです。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 07:15

2012年02月09日

「世界を変えた10冊の本」⑥ 「道標(みちしるべ)」

 ウサマビンラディンが教本とした、サイイド・クトゥブが記したイスラム教を極端に解釈した理論書が

「道標」です。

 1954年エジプトのイスラム教徒の大組織「ムスリム同胞団」の一人がエジプト大統領の暗殺を計画し、
失敗しますが、それにより、同胞団のメンバーの大勢が逮捕されました。
 その逮捕された一人が、サイイド・クリフでした。彼が、獄中で記したものが、「道標」で、その後
釈放されましたが、「道標」は発禁となり、1966年に処刑されました。

 クトゥブは「イスラムこそが救いた」と現代はイスラムの理想が失われてしまったのに、イスラム教徒たちは自分たちの世界を「イスラームの世界」などと思い込んでいる。これを正さなければならないというのです。イスラム世界の腐敗した体制を打倒することは、「神の道」であり、正義の戦いである。
 つまり「ジハード」なのだ。ということになります。

 ムスリム同胞団は、イスラエルを認めておらず、
神の「唯一絶対性」を主張し、全ての主権は「神」のみにあるとしています。

 よって、キリスト教の「三位一体」父なる神、神の子として地上に遣わされたキリスト、聖霊は一体であるという考えは否定されています。
 私たち人間の主権も否定しています。

 現代のエジプト「自由公正党」やパレスチナ過激派ハマスなどはこの考えなのです。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 10:40

2012年02月08日

メール送信機能不具合

 昨日は、メールが受信できるが、送信が出来ない状態が朝から起こって、

 結局、回復に一日かかりました。

 なにやら、サーバーにスパムメールが貯まっていておかしくなったとかなのですが、

 よく分かりません。

 このお陰で、仕事がとても停滞してしまいました。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 12:01

2012年02月06日

「テキアツ君」が歯科雑誌に掲載

 以前より「クイントエッセンス」という有名な歯科専門雑誌より

 テキアツ君の記事を書いてほしいとの依頼があり、

 先日ようやく原稿を発送しました。

 予定では、4月か5月号に掲載されます。

 お楽しみに。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 09:52

2012年02月03日

「世界を変えた10冊の本」⑤ 「資本論」

 ドイツが誕生する前のプロセインのユダヤ人家庭に生まれたカール・マルクスは、「資本論」で、
資本主義がなぜ非人間的な経済体制になるかを説きました。
 彼は、エンゲルスと共に共産主義運動を始めます。
 マルクスの理論は、ロシア革命を引き起こし、やがて社会主義体制を採用する諸国が増大しました。
日本では、第2次世界大戦後、一世を風靡しました。

 マルクスの理論は「労働価値説」と呼ばれ、「資本家は労働者を雇って働かせることで新しい価値を生み出す。価値は蓄積されて資本となり、資本の奴隷になった資本家は、利益を上げるために無秩序な競争に投入して、恐慌を引き起こす。貧富の格差が拡大し、困窮した労働者は団結して、革命を起こし、資本主義を転覆させる」というものです。

 なにか、まさに、今のことを言い当てていますね。

 商品には、「使用価値」と「交換価値」があり、その価値は、「労働の量」(労働時間)によって測られる。
 その価値の共通の存在が、「貨幣」である。

 労働者は自分の労働力を正当な価格で資本家に売っていたとしても、資本家は労働者の労働によって、それ以上の価値を得ているのです。
 資本主義社会の労働者は、「生かさぬよう、殺さぬように」働かされるのです。

 マルクスは、資本主義の崩壊は描き出しましたが、社会主義、共産主義についての詳しい言及はありませんでした。
 結局、社会主義、共産主義では、労働者の労働意欲は減退し、食料不足等が起こり、体制維持の為に言論自由が奪われ、崩壊していきました。

 マルクス主義理論では、封建社会から資本主義社会を経由して社会主義社会に到達するはずだったのですが、実際には、封建社会から社会主義を経由して資本主義に至ったのです。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 07:27

2012年02月02日

「世界を変えた10冊の本」④ 「プロ綸」

 ドイツ人マックスウェーバーの書いた「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」

 当時影響力を持ち始めた、レーニンのようなマルクス主義の発想に異議をとなえています。

 第1章「問題提起」当時のヨーロッパの資本主義経済の最先端をリードする人たちにプロテスタントが多い
 第2章「禁欲的プロテスタンティズムの職業倫理」厳しい禁欲を守っていたプロテスタントこそが、職業倫   理を守ることで、資本主義で成功していった道筋を分析しています。

 カトリックの教会の支配は穏やかで形式的であり、日常生活で罪を犯すと神父に懺悔することでその罪が許されるとしています。
 プロテスタントの支配は、家庭内の私的な生活から職業的な公的な生のすべての領域に至るまで、信徒の生活のすべてを規制するものであり、限りなく厄介で真剣な規律を伴うのででした。
 プロテスタントの原点の一つのカルヴァンの教えに「予定説」があり、これは、「神は全能であり、個々の人間が救われるか救われないかは、あらかじめ決まっている。」というものです。
 これによって、自分が天国に行けるのか行けないのか分からないことになります。
 そのために、自分が救済される確証を得たいと考えるようになります。

 「信者たちは、自分が選ばれたものだと信じることが絶対の義務とみなし、そのことに疑いを持つことは悪魔の誘惑として退けるように求められた。、、、こうした自己確信を獲得するための優れた手段として、
職業労働に休みなく従事することが教え込まれたのです。この職業労働だけが、宗教的な疑惑を追い払い、恩寵を与えられる状態にあるという「救いの確証」をもたらすことが出来る」

 「神の栄光を示す」ために神から与えられた職業を天職として受け止め、時間を浪費することなく、怠情な生活をせず働き続ける。こうして財産が貯まっても、これを浪費してはならない。消費せずに、資本を再投下する。これを続ければ莫大な資本が形成される。

 こうして、資本主義が発展していったのです。

 人間が存在するのは仕事の為であって、人間の為に仕事があるのではない。これは、個人の幸福をいう観点からみると、全く非合理的であることをあからさまに示している。

 資本主義はの精神は「正当な利潤を組織的かつ合理的に、職業として追い求めようとする心構え」
 
   


Posted by 中原歯科医院 院長 at 07:25

2012年02月01日

「世界を変えた10冊の本」②コーラン その3

 スンニ派とシーア派

 預言者ムハンマドは自分の後継者を定めずになくなり、その娘の主人アリーが後継者となりましたが、暗殺されてしまいます。
 その後、信者たちが分裂し、
 「ムハンマドの血筋を引く者こそが正当な後継者」とするアリーの党派が「シーア派」
 「血筋に関係なく、イスラムの教え、慣習に従えばよい」とする党派が「スンニ派」です。

 イラクには人口ではシーア派が多数ですが、フセイン大統領はスンニ派でした。

 
 イスラム原理主義とは
  イスラム教とイスラム原理主義とは異なります。
  イスラム原理主義とは、「ムハンマドが生きていた理想の社会に戻ろう」
             「イスラムの教えによって社会を復興させよう」というものです。
  これは、現代社会になるにつれて過去の教えが緩み始めたことからの回帰論です。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 07:26