2012年07月31日

海老沼選手の活躍

 事前にあまり知らなかったのですが、世界選手権を制覇したことのある海老沼選手。

 初戦からの鮮やかな技は、日本の一本勝ちを取りに行く伝統芸でした。

 テレビでも審判の判定変更やジュリーと言われる審判の意向などいろいろ問題があるようですが、

 準決勝で帯を取られて「つつみ返し」をくらったこと、

 3位決定戦で一本と言われてもしょうがなさそうな一本背負いは完全反省点です。

 最後は、気持ちの良い「つり腰」は感動ものでした。

 
 同じ3位となった韓国のチェジュンホ選手が試合直後、これも全く無表情を通していたのが

 泣き崩れていたのは、精神論としての感動モノでした。

 彼らの倍以上の年齢になっても、学ぶことがいっぱいあると感じる昨今です。


 深夜から夜明けの競技は見るのは辛いですね。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 07:28