2012年08月06日

男子フルーレ団体準決勝

 フェンシング競技は全く見たことがなかったのですが、

 昨夜のオリンピック。3点リードで最終競技に入った太田選手。

 残り9秒で2点ビハインド。

 残り2秒で1点ビハインド。

 1秒で同点として、

 延長戦は3回のビデオ判定の末、見事勝利。

 手に汗握るとはまさにこのことですね。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 11:45