2013年02月18日

東鉢・スカイバレースキー場

 日曜日の午前9時ごろから、ハイパー東鉢スキー場、スカイバレースキー場でスキーをしてきました。

 この2つのスキー場はつながっていて、どちらでも滑ることが出来ます。

 宿泊先の目の前がリフト乗り場で、レンタルスキーで始めました。

 昔を思い出して丁寧に滑ろうと思っていましたが、

 足腰が弱くなっており、重心が板にしっかり乗らず、すぐに重心が後ろになり、

 ボーゲンですらスピードのコントロールができなくなり、無理やり膝でエッジを立てていました。

 そのうち慣れるかと思いましたが、センスが無いようで、初心者コースばかり滑っていました。

 ゲレンデでは8割~9割がスノーボードで、数少ないスキーヤーは皆さんベテランばかりで、

 カッコよくパラレルで滑っています。

 自分の姿を想像するだけで、みっともないスキーヤーです。

 大きなゴーグルと帽子で年齢は分からないと思いますが、

 恥ずかしいだけです。

 妻は見事なボーゲンで中級コースも滑り、長男は中級コースをスノボでカッコよく滑っておりました。

 もともと上手くないスキーですが、「これはもう引退かな」と思いながら、

 出発地点へ、中級コースを滑っておりるのが嫌で、リフトで下山しました。

 無理して滑って骨折したら、本当に笑いものですから。

 ちなみに、スキー場の手前500mは完全な雪道で、スタッドレスタイヤがなければ

 現地に到着できなかったと思います。

 
   


Posted by 中原歯科医院 院長 at 18:01