2017年03月10日

8020運動(ハチマルニーマル)

 日本歯科医師会、厚労省は 80歳になっても20本の歯を残そう という8020運動を行っています。

 直近のデータでは、その達成者は約40%となったそうです。


 自分の歯が20本より少なくなると、嚙む力が低下して、柔らかいものしか食べられなくなります。

 そうなると、パンやおかゆのような炭水化物が多くなって、糖尿病や肥満に、または、栄養不足になったりするのです。


 自分の歯が11本以下になると、「おいしい」という味覚も衰えていくのです。


 まさに、歯は命です。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:12