2017年07月18日

最新歯科疾患実態調査

 5年に一度調査されることとなった

 歯科疾患実態調査のピックアップです。

 特筆すべきことは、平成元年頃には80歳で平均残存歯数が20本以上ある方は約10%だったのが、

 今回初めて、50%上回り、51.2%となったことです。

 兵庫県の具体的な数字では、

 80歳では、平均残存歯数は15.2本で、

 内訳は、健全な歯は、5.1本。

       処置した歯が9.1本、虫歯のままが1本となっています。

 歯をたくさん残すということは、重要なのです。  


Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:10