2011年02月01日

歯科医院でしわ取りが出来る?

 昨年の秋、歯科分野におけるフィラー注入療法のセミナーがあり、全く未知の分野だったので
名古屋まで行ってそのセミナーに参加してきました。

 美容クリニックで人気治療のひとつのヒアルロン酸を使用したしわ伸ばし治療です。

 ヒアルロン酸は体に為害作用がなく安全で2年ほどは状態を保ちながら吸収されていくものです。

 これをしわの深い部分に注射器を使って注入していき平らにすることによってしわをなくします。

 歯科医師は日頃から注射は慣れていますから手技は難しくありません。

 では、歯科で適用される症例とは何かというと、かみ合わせが深くなって、口の周りのしわ(豊齢線)が深くなったところを審美的に治すというものです。

 そのニーズがどれほどあるのかという点と、たぶん、「ついでに目じりや額のしわもしてほしい」ということになりそうで、それは、適用範囲外となり、歯科では違反行為となります。

 ヨーロッパから材料を少々仕入れていますが、身内用になりそうです。

 妻は「早く私にして」と言いますが、なかなかその気になれない私です。



Posted by 中原歯科医院 院長 at 10:27