2011年06月07日

山形から友人が神戸へ

 「日曜日の夜、一緒に酒でも飲みながら、食事でもしょう」とメールしてきたのは、山形の友人歯科医師でした。

 T先生は先の震災東北ミッションを企画したときに、車の手配をしていただき、参加する予定でした。

 JC時代の友人が結婚するので、奥様と一緒に来るというので、N先生と4人で夕食会をすることとして、

 19時に宿泊先のメリケンパークオリエンタルホテルの14階の中華レストランで、デナーバイキングを食べました。

 このバイキングは、7350円ですが、自分で取りに行くのではなく、メニューの中から好きな料理を選られべば、作って持って来てくれるのです。

 北京ダック、アワビの料理いろいろ、ふかひれ姿煮を含む料理いろいろで、大満足でした。

 初めは、システムがよく分からなかったのですが、120分で好きなものを食べてよいということでした。

 ここ一には、お勧めしときます。

 さて、山形のT先生は、結婚式は先日で東京開催とか。なぜ、日曜日に泊まって月曜日を休診してまで、
ご夫婦で神戸に来られたんですかと聞くと、

 95年山形でJCの理事長をしていた時阪神淡路大震災で神戸に来ていろいろ活動して以来、来ていなかったので、久しぶりに来たかった。それと、

 私の企画した震災ミッションがすべて段取りが出来ていたのに実施できなくなって、ひょっとして、落ち込んでいるかもしれないし、顔を見ながら酒を飲みたくなったから。

 と言われました。

 意外な理由を聞いて、友人のありがたみを感じました。

 お互い、酒も弱くなっており、120分で濃厚な食事と会話でした。

 T先生と美人で上品な奥様(美女と野獣?)、ありがとうございました。


 福井県のM先生、大阪のK前部会長の電話の本意は、これだったんですね。

 医療部会の友人は本当に宝です。



Posted by 中原歯科医院 院長 at 07:05