2011年08月03日

子どもの体調① (学校保健委員会より)

 昨日の午後、加古川小学校の学校保健委員会が開催されました。

 その中で、興味深い点を紹介いたします。

 内科校医の水野先生のお話から。

 とある学校の保健指導グループが調査したデータによると

 朝からよくあくびをしている
 授業中、目がとろんとしている
 あまり汗をかかない
 外で遊びたがらない
 注意してもすぐに姿勢が崩れる

 などの様子を示す子供たちは、

 そうでない子供たちと比較すると

 明らかに、「体温」が低いそうです。 36.0度未満に多く見られる傾向があるそうです。

 そして、それは、自律神経の働きに関係があるそうです。

 詳細は次回に。



Posted by 中原歯科医院 院長 at 12:33