2011年08月08日

子どもの運動の重要性

 学校保健委員会で、今回の講師は、加古川学校保健会顧問の稲田 學先生でした。

 その講演の中で、興味深いものを紹介します。

 子どもの体力、運動能力が、昭和の終わりくらいから、年々低下しているそうです。

 その原因は

 小児人口の減少
 兄弟姉妹の数の減少
 過保護の傾向
 室内娯楽の普及
 テレビ、テレビゲームの普及
 自動車などの普及
 豊かになった生活習慣
 冷房、暖房の普及
 食生活の変化
 夜型生活習慣の低年齢化
 などがあげられるそうです。

 運動の必要性は
 
 ①成長期の運動不足は取り返すことが出来ない
 
 ②成長そのものに、運動が必要なこと

 ③運動不足により体や心にさまざまな異常をきたす

 ④運動体験が大人になってからの生活に大きく影響すること


 だそうです。
 



Posted by 中原歯科医院 院長 at 10:02