2011年10月11日

好天の休日①最後の鮎釣り

 この週末は好天に恵まれました。

 日曜日は最後の鮎釣りと思って揖保川へ行ってきました。

 午後からと思い、下流から様子を見ながら北上しました。

 龍野橋、住宅前、消防署前は入る隙間もないほど釣り人でいっぱいでした。

 でも、あまり釣れていないようでした。

 曽我井橋付近は気配なく、中国縦貫付近で始めました。

 貸切状態でした。
 
 12時から始め、いつものポイントへおとりが行ったところで、ばしゃばしゃと水面がざわつき

 強烈な引きが始まりました。

 対岸へ、上流へ引きまわり、途中ででっかい鯉と分かりました。

 前回も50cmクラスの鯉を上げたので、竿の角度を気にしながら動いていました。

 鯉が下流に行ったとき、強烈な引きとなり、「バキッ」と音がして竿が折れました。

 2回目なので、おろおろはしませんでしたが、がっくりでした。

 糸を手繰り寄せると、鯉の力で糸が切れました。

 よくよく見ると、竿の3節と4節が同時に折れていました。

 2匹の未使用のおとりを川に放ち、今年の鮎釣りは終了しました。

 鯉と遊ばず、さっさとまっすぐ糸を切るべきでした。

 1時間ちょっとのことでした。

 竿の修理代が3万円ほどかかりそうです。

 来年はもうすこし賢く釣ります。



Posted by 中原歯科医院 院長 at 12:16