2012年02月21日

カルテ⑫訪問診療

 最近訪問診療で作成している上下の総義歯

 普段寝たきりの状態で、今まで使っている入れ歯が外れやすいので新しいものを作って欲しいということで、新調し始めました。

 寝た状態で、苦労しながら、型を取って、かみ合わせを取り、新調しました。

 お口に装着して具合を見ると、しばらくすると、ぽろっと外れてきます。

 「あちゃー」という感じで、上下の総入れ歯は、そのまま持ち帰りました。

 全身状態の悪い患者さんの入れ歯は、難しいと改めて感じました。

 こうなると、まず上の義歯が安定するようにあれやこれやと行うか、初めからやり直すしかありません。


 それ以来、上下の総入れ歯は、まず、上を作って安定を確かめてから、下を作るようになりました。

 寝たきりに近い方の総入れ歯は、慎重、慎重にです。

 口の周りの筋肉の動きが弱いので、小さめがコツかな。



Posted by 中原歯科医院 院長 at 18:07