2012年09月19日

ベンツ脱輪

 16日の午後、水管橋というポイントへ合計3台、3人で夕方まで鮎釣りを楽しんでいました。

 5時25分に後片付けが終わって、「気を付けて帰りよ」と声をかけて頂き、縦列駐車していた車を

 バックさせると、「バン!」と大きな音がして、「?」「何もないはずなのに」

 車を降りてみてみると、舗装道路が大きく曲がっており、続きの田んぼに左後輪が完全に

 脱輪してしまい、後輪のシャフトがコンクリートに当たってしまいました。

 3人で考えた末、JAFしかないとのことで、

 私の入っている出光ロードサービスに電話しました。

 何時間かかるのだろうと心配していたら、25分で来てくれて、

 マフラーからの空気圧ジャッキと後輪への支えで見事駆け上がりました。

 後の二人が「暇やから」と残ってくれました。

 6時10分ごろ再び出発して無事家に帰り、くつろいでいるとM先生からメールが。

 それによると、M先生の友人が車で帰ろうとすると、ラジオをつけっぱなしにしていたことから、

 バッテリーが弱りエンジンがかからなくなり、

 M先生が、ガソリンスタンドまで行ってケーブルを借りてきてエンジン始動をしたとか。

 トラブルの落ちがあったようです。

 私がすんなり帰れたらそうならなかったと思うと、

 申し訳ないし、まるで

 鮎釣りの悪循環のようなパターンでした。

 



Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:25