2015年08月03日

ジムニーの荷台

 ジムニーを鮎釣りに使用するには後部座席を倒して荷台を大きくする必要があります。

 ハスラーやエブリーはそれでフラットになるのですが、ジムニーは10センチの段差ができます。

 これがいやで見送りとしていたのですが、走破能力が群を抜いていることを知り、荷台加工対策にしました。

 専用のロッドホルダーを天井部に着け、段差には発砲スチロールのブロックを敷き詰め防水マットを置きました。

 小型クーラーは助手席の足元にあります。 定員1名の鮎釣り仕様の完成です。

 ETCはつけてもらいましたが、まさかラジオがないとは。どうもナビに付属しているので標準装備がないそうです。

 必要があってナビをつけるまでは携帯ソーラーラジオを乗せときます。

 



Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:11