2016年12月15日

摂食嚥下のリハビリテーション

 75歳を越えてくると、徐々に介護が必要となってきます。

 自宅、通所、入所などの場面で、

 虚弱が進むと最も注意をしていかなければならないことが、

 誤嚥、誤飲です。

 誤嚥性肺炎は、命を落とす危険な状態(疾患)なのです。

 この予防のために、かかわることは

 歯科医師、歯科医療人として、

 大変重要なことなのです。

 



Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:14