2017年01月31日

ケガで歯が抜けてしまったら

 最近の論文で明らかになったことです。

 けがで歯が抜けてしまったら、その歯を歯科医院に早く持っていけば元に戻せることが多々あります。

 その場合、「歯を牛乳に入れるとよい」とよく言われています。

 それは、歯を乾燥させず、周りの細胞を少しでも活かせる(死なさない)ためです。

 最も有効な液体は「歯牙保存液」でこれは学校にはあると思います。

 次が、「卵白」なのです。 12時間たっても約9割が活きています。

 次が「牛乳」ですが、1時間で98%の細胞が死滅します。

 「水」は1時間で100%の細胞が死滅します。


 よって、家庭、一般レベルでは牛乳ではなく、卵の卵白ですよ!!





Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:18