2017年02月01日

何故 歯科健診が重要なのか?

 歯科の2大疾患とは、虫歯と歯周病です。

 この二つの疾患には、自然治癒がないので、早期発見、早期治療。

 最近では、早期予防をと言われております。

 虫歯は、エナメル質に始まるごく初期の段階の白濁なら、強いフッ素を塗布することで、再石灰化できることがありますが、

 自分ではその薬剤がありません。 虫歯は一度始まると、進行の度合いは人それぞれですが、自然に治癒することはありません。

 虫歯を削って詰めるしかないのです。

 歯周病は、歯垢や歯石の中にある細菌によっておこる病気です。歯垢程度ならしっかりとしたブラッシングや補助器具による清掃で

除去が可能ですが、歯石となってしまうと、歯科医院で取るほかはありません。 それらが放置されると、進行するばかりです。

歯周病は痛みを伴わず進行し、自覚症状がはっきりしたころにはかなり進んでいることが多いです。

 がんと違って、これらで命がなくなることはありませんが、歯をなくすことは様々な不具合が出てきます。(後述予定)

 よって、早期発見のために、歯科健診が、とても重要なのです。



Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:15