2017年02月02日

歯科健診制度の不具合

 子供が生まれる頃には、母子手帳が配付され、母親の口腔環境の管理ができることになっています。

 1歳半、3歳で歯科健診、相談ができるようになっています。

 幼稚園児から、高校生までは、毎年歯科健診ができるようになっています。

 ところが、

 大学生、専門学校ではありません。

 社会人になって、健康診査がありますが、ここに歯科健診も項目がなく、

 毎年の健康診査(人間ドック)にも、歯科健診の項目がありません。

 40歳からは、10年に一度、歯周疾患健診という任意の無料歯科健診が受けられます。

 75歳からは、高齢者歯科健診が5年ごとくらいに受けられるようになりました。

 このように、18歳から40歳までは皆無で、

 40歳以降も大まかになっています。

 このあたりを改善するように要望していますが、

 全く、改善される気配がありません。

 とほほ。



Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:15