2017年02月08日

摂食嚥下障害はなぜ起こるのか

 物を食べたり、飲みこんだりすることがうまくできなくなった状態のことなのです。

 この原因の最も大きいものは、脳卒中(脳梗塞、脳出血)の後遺症です。 40%

 ほかには、神経、筋疾患、加齢や栄養障害による筋力の低下などがあります。

 手術で神経が傷ついた時、

 薬の副作用

 長い間口から食事をしていない場合、

 亜鉛、銅、鉄などの微量元素が不足したり、抗がん剤の副作用で、味覚障害が起こり、食べられなくなる

 入れ歯が合わなくなった

 などもあります。

 先の「栄養障害」と深い関連があるので、どちらも対処する必要があります。



Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:14