2017年09月29日

「とりあえず禁食」のダメージ

 病院で高齢者の誤嚥性肺炎などの治療をする場合、

 ガイドライン通りの薬を注射します。

 問題なのはこの治療中ほとんどの場合、食事を止めて点滴にします。

 その栄養量がほとんど不十分なのだという。

 禁食が正しいという根拠はどこにもないそうだ。

 そう話すのは、熊本県玉名地域保健医療センターNSTチェアマンの前田圭介医師。

 彼の調査で驚くべき事実が。



Posted by 中原歯科医院 院長 at 08:15